TOY STATE JAPAN株式会社

1984年に産声を上げたTOY STATEは「CAT®」「Hot Wheels®」「MARVEL®」などのグローバルライセンスを取得し、北米や欧州を中心に世界的な玩具メーカーとして発展を遂げてきました。

TOY STATEグループは、香港に本社を置き、アメリカとオランダを拠点に事業を展開しています。世界の大手小売業各社と強固なパートナーシップを結ぶ一方、2014年には老舗RCメーカー「NIKKO」を買収。RC製品の強化を図るとともに、活動の規模を飛躍的に広げています。

ラインナップの中心は、実際に触れて遊べる「乗り物系玩具」。話題のドローンをはじめとするRC製品群には、あらゆるお客様が満足できるよう、卓越した技術を活用しています。また、定番のフリクション製品群には、好奇心をくすぐるユニークなギミック効果を採用しています。

生産拠点としては中国の深圳に7,000人規模の自社工場を構えており、すべての製品において極めて高い品質基準を維持する生産体制を確立しています。

そんなTOY STATEグループの日本拠点として誕生したのがTOY STATE JAPANです。私たちの活動の根底にあるのは「日本の子どもたちに驚きと感動を提供したい」という強い想い。世界中で愛される革新的な製品を生み出してきたノウハウを活かしながら、国内専用に開発する多彩なアイテムの導入などにより、製品・ブランドをさらに充実させていきます。